2016.11.11

NRI Hackathon 2016 ~Hack for Share~ 開催

|Event report|2016.9.21-2016.11.11 NRI HACKATHON 2016 "Hack for Share"

9月21日のキックオフイベント皮切りに、 個人部門のHACKER AWARD@dots. 、ベンチャー部門のSTARTUP AWARD@CEATEC Japan、最終選考のDEMO DAY@Global Business Hub Tokyo。
2017年1月。1カ月半の戦いを勝ち抜いた最優秀チームがいよいよCES@Las Vegasに乗り込みます。

今年のNRIハッカソン「NRI Hackathon 2016 ~Hack for Share」は、個人部門とベンチャー企業・法人部門の2つに分かれ、各部門で選抜されたチーム・企業が最終審査に臨むという進め方で行われました。

11月11日に行われた最終審査「NRI Hackathon 2016 “DEMO DAY”」では、各部門での審査に残った11のチーム・企業が、メンターとともに約1ヶ月の期間をかけてブラッシュアップしたサービスやアプリケーションを発表しました。その結果、審査員が評価する「最優秀賞」「審査員特別賞」と、協賛企業各社が評価する協賛企業賞の合計7つの賞が発表されました。

NRI Hackathon 2016|最優秀賞ならびに各賞は以下の通りです。

最優秀賞 みずっち.hack【Money Bot】
東京海上日動火災保険株式会社賞 Kir【MonCulator】
日本生命保険相互会社賞 Kir【MonCulator】
野村ホールディングス株式会社賞 あかんドロイド【Audience】
株式会社みずほフィナンシャルグループ賞 ロボット投信株式会社
三菱商事株式会社賞 Lightning【ほっとシェア】
審査員特別賞 AlpacaDB Inc.

最優秀賞の「みずっち.hack」は、お金(お札)が遥か昔からシェアされていることに着目し、お札と生活者一人ひとりの想いを共有するサービスを開発しました。彼らのサービスやそのデモンストレーションは、2017年1月にラスベガスで開催される「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で、展示される予定です。

->NRI Hackathon 2016の概要はこちら。

2017年1月のCESレポートも公開予定です。お楽しみに。

161111hs_011

【写真】(左)「HACKER AWARD 」の様子。(右)参加者の集合写真。

161111hs_021

【写真】(左)「STARTUP AWARD」エントリー企業による発表の様子。(右)タッチ&トライの様子。