2017.12.13

”スタートアップとの連携によるイノベーションの実現” 日本語版発行のお知らせ

野村総合研究所は、米国・シリコンバレーに本社を置くアクセラレーターおよびシード投資ファンドの運営会社500 Startupsが発行したレポート”Unlocking Innovation Through Startup Engagement”の日本語版を作成しました。

本レポートは、500 Startupsが伝統的な既存企業がどのようにスタートアップと連携しているかについて最新の動向を調査し、まとめたものです。

イノベーションの実現に向けた取り組みを統括する各100人以上の経営幹部を対象とした調査に基づいており、彼らが実践しているスタートアップとのコラボレーションの手法について紹介しています。その調査によると、積極的にスタートアップとの連携に取組んでいるものの、実証実験から市場に投入できるソリューションが生まれた例は、全体のわずか25%にも満たないという企業が大部分を占めていることが明らかになりました。

 

―「なぜ、うまく機能しないのでしょうか?」 その答えがわかるレポートです。

 

野村総合研究所IT基盤イノベーション本部では、顧客企業、先進的な技術を持つ企業の協業支援を行っております。本レポートは、500 Startupsとのパートナーシップにより日本語版の作成をしました。新しい技術をもった企業とのコラボレーションを考えられている企業のみなさまの一助になれればと思います。

 

%e8%a1%a8%e7%b4%99

【内容】

  1. エグゼクティブサマリー
  2. 既存企業とスタートアップの協業の原則:協業の目的、方法、そして出会いの場
  3. 分析:既存企業におけるイノベーションチームの体制
  4. スタートアップとの連携でイノベーションを加速するための5つのベストプラクティス
  5. 調査手法
  6. 500 Startupsが提供するサポートについて

 

-> 本レポートのダウンロードはコチラ